FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1からOblivion! キャラクター作成

 スクリーンショットの開放

最低限の環境がそろったので一度ゲームを立ち上げた。ブログ用にとPrintScreenキーを押してもスクリーンショットが撮れない。「winshot」で色々試してもやっぱり上手くいかない。調べた所、デフォルト設定で撮れないようになっているらしい。やり方はWikiにて。
けどあまり性能良くないので結局「Fraps」で撮ることにした。


 キャラクター作成

改めてゲームを起動。早速スタートしてキャラクター作り。キャラの顔をカスタマイズするんだけど、うーんバタくさい。



ふぬっ、うりゃっと色々改造。改造項目が多すぎて分けわからん。奮闘した結果がこれ。



元と大して変わらん。自分で1から作るのは諦めた。


 セーブデータからのキャラクター作成

お手本となるキャラクターのセーブデータが色々公開されてる。Wikiで紹介されているのを一通り見て、採用したのがAn Imperial Beauty。
やり方はこちら様のサイトを参考に。

まずは顔や髪のパーツを増やすMODを入れないといけない。上のセーブデータを利用する為のRequestは以下のMOD。

Ren's Beauty Pack
Custom Race Fix
Natural Faces


上の3個は全部「planetelderscrolls」というサイトにあり、ダウンロードするにはアカウント登録せいと言われた。Registerから登録画面に行き、メールアドレスとパスワードを入力し、登録ボタンを押す。
登録できませんでしたー、と赤字でエラーぶっこいた。なんだ?何か?JPドメインのメールだから駄目なのか?
じゃGmailアドレスで再度登録。やっぱり駄目。Googleの威信も地に落ちたものよ。

そのGoogle様にてfileplanetでググった所、こっちで登録せいとあった。試した所、登録成功!やっとMODをダウンロードできるようになった。


・Ren's Beauty Pack

解凍するとdataフォルダとテキストができる。そのdataフォルダを下のコピー先にまるごとコピーする。
addraceとonlyhairs両方同じようにやる。この段階でOblivion Mod Managerの登録はしない。

ダウンロードファイル名 : 
Ren_BeautyPack_v1_1_addrace.7z
Ren_BeautyPack_v1_1_onlyhairs.7z


コピー先 : C:\Program Files (x86)\Bethesda Softworks¥Oblivion


・Custom Race Fix

解凍した「KT_CustomRaceFix.esp」をコピー先にそのままコピー。ここでもOblivion Mod Managerの登録はまだしない。

ダウンロードファイル名 : KT_CustomRaceFix.rar
コピー先 : C:\Program Files (x86)\Bethesda Softworks¥Oblivion\data


・Natural Faces

解凍すると拡張子omodのファイルが1個だけ。はて?これはどうすんじゃい?謎のアイテムを目の前にしたサルのようにウキキー?と悩んだ末にダブルクリック。いけた、ウッキー!

Oblivion Mod Managerの右枠に「MD Natural Faces」と出て、これをActiveにした。
前回のインターフェイスの日本語MODもomodファイルでわからなかったのでパスしてたが、同じように登録。

ダウンロードファイル名 : 
MD_Natural_Faces_v095_OMOD.rar





最後にOblivion Mod Managerの左枠で入れたMODをアクティブにする。順番が重要らしく、3個のMODを以下の通りにする。さらに一番下に設置する。「Move up」「Move down」でボチボチっとやる。

KT_Custom_Rase
Ren_BeautyPack_full
Ren_BeautyPack_onlyhairs


Ren_BeautyPackなども、MODを登録する時にファイルをomodでグルーピング化できるらしいけど、この時点でへとへとになってたので後回し。

まだまだ準備は続きまっせ。

続きは当ブログ右側カテゴリのOblivion indexからどうぞ。




テーマ : Oblivion - ジャンル : ゲーム

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。