スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】南極料理人

ネタバレ全開なので、映画を見てからこのエントリーを読んで下さい。


最初見たとき、主人公の西村が最後のシーンでテリヤキバーガーを食べて、美味いと言った理由が良く分からなかった。
けど、こういうことなんじゃないかなと閃いた。


この映画の重要ファクターの料理が鳥の唐揚げ。唐揚げは2回出てきたけど、それぞれ意味合いが違っている。

1回目は南極に行く前に奥さんが料理したものを、不味い不味い言いながら食べるシーン。この時はただ不味いとしか思ってない。

2回目は南極に行ってから子供の乳歯を落として落ち込んだ後。隊員達が西村を元気付けようと、自分達で唐揚げを作るシーン。この時も不味い不味い言いながら食べてるが、心情的には嬉しい状態。隊員達の心が伝わって、それを受けてのこと。

結局、西村は南極に行く前はただのグルメに成り下がっていて、それが南極に行き、隊員達に喜んでもらう為にあれこれ苦心して料理を作ることで、料理を作ることの本質を思い出したのだと思う。

2回目の唐揚げのシーンの後、西村の子供と電話(当人は相手が自分の子供と認識してない)するシーンがあるが、お母さんが元気がないと聞いた後、料理を作ってあげればと言った後のこの台詞。

「おいしいものを食べると元気がでるでしょ?」

この台詞は映画の中心に位置するぐらい重要な台詞なんだけど、何気ない台詞だし淡々とやりとりしてるので最初見落としていた。

この映画、全般的に非常に淡々としているのが特徴で、過剰な演出を抑えてる。やっぱり小津以来の日本映画の伝統なのだろうか。

演出の魔力みたいなものがあって、どんなにゴミなストーリ、カスな脚本でも、演出を入れるとなんかすごく見えてきちゃう。
通常なら上のシーンで音楽なりで演出して盛り上げるべきなんだろうけど、やっぱり淡々と流してる。
最近、TVなんかで演出過剰で食傷気味だったけど、こういった品のある作品も良いものだねぇ。

で、話がそれたけど、電話の相手先が子供と分からなかったから、本心の言葉が伝えられたと。まあ、それが家庭に好影響を生んだのでしょう。
南極に行くことで原点回帰を果たして、テリヤキバーガーのシーン。やっぱり西村は嫌な顔をしながら一口目を食べたけど、素直に美味いと言えたのではないかなと、思った次第で。



テーマ : 映画 - ジャンル : 映画

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。