FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職活動で大切なこと

いつも読んでる山崎元氏のコラムで、就職活動ネタでその通り!と思ったので、ちょっとエントリー化。


http://diamond.jp/articles/-/9042


自己分析も必要だけど、それだけじゃ足らないないでしょと。

 率直に言って、関心が「自分」に向きすぎている点が心配なのだ。

 企業の側は、あるいはより正確には採用担当者は、自分達にとって「使える人材で、使いやすい人材」を求めている。有り体に言って、仕事がこなせる能力があるか、一緒に働いて感じが良いか、の二点が実質的な採用基準だ。学生(ないしは若者一般)の価値観だとか、夢だとかに興味があるわけではない。


そりゃ自分が何をしたいのかを知ることも大切ですよ。けど、結局は企業側としては、その人が企業に対して貢献できるのかできないのかが最重要なんですなぁ。


そして、面接ってのは青年の主張、オレオレリサイタルの場では無いんですよ。

面接官の質問を正確に理解した答えを返す学生に対して、「できる」、「使える」、「感じがいい」といった印象を持つはずだ。

もし、わたしが自分の職場のメンバーを増やす為の面接官になったら、何を重視するか?

やっぱり、こちらの投げた質問をちゃんと理解して回答できるか、のコミュニケーション能力かなぁ。大事なのは相手の質問を理解して回答しようとする姿勢であって、内容自体はそんなに気のきいたものじゃなくてもいいな。

良くあるのが、自分の答えたいことにすり替えて回答する人。回答側は自分の得意なことをしゃべれて満足かもしれないけど、質問側としては質問を無視された形になって、正直ムカツクもんです。
こちらもバカじゃないんだから、すり替えくらい見抜くもんですよ。

例えその人にいくら能力やスキルがあったって、コミュニケーションできないと仕事を振れないし、文字通りお話にならんのですよ。

テーマ : ブログ - ジャンル : ブログ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。