スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらCivilizationIVをやってる

CivilizationⅤが今年の秋に出るそうなので、予習がてらⅣに手を出した。
そして2ヶ月くらいハマってる次第でございます。

やっぱなんといっても、ゲームデザインセンスがすごいね。このゲームは国家の文明を発展させてくシミュレーションゲームで、食料と生産力と金の3要素が根本にあって、それら相互の互換性がスゴイ。

食料量が人口増加と総数を決め、人口が生産力になり、生産力がさらに食料を増やして人口数をさらに増やすサイクル。生産力は金も生み、金が技術の発展を促進させて、さらに生産力を上げてく。
自分で書いてて何がなんだか分からなくなった。ま、まあ、この3要素が交互に複雑に連携してるってことです(;^ω^)

この辺のネタはエネルギー量が人口数を規定することを書いた↓の文章がおススメ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090916/204937/

森林伐採すると生産力が得られるところなんてまさにそう。↓森を切りまくって禿山と平野ばっかりの図。そして衛生で苦しむ図(-.-;)

衛生で悩む図

途中で止められなくて徹夜しちゃう中毒性の高いソフトってよく言われるけど、わたしゃ結構スパッと区切りをつけて止められるなぁ。ゲーム画面に時計表示させてなんとかスパッと。まあ、戦争初めて夢中になるとついつい時間過ぎちゃうね。


 第一の壁

このゲーム、まずは覚えるべきことが多いです。軍事やら内政やら外交やら研究やらやら。
最初の頃は(今もだけど)wikiや動画で勉強してたけど、それでも色々分からないことだらけ。

例えばこんなやつ。

( ´-`) .。oO(都市の土地って白マルで囲われた場所からしか収益が上がらないんだ)
( ゚∀゚) .。oO(コサックで攻めてるのにやたらと都市が固いなぁ←都市防御をカタパルトで落とすのを知らない奴)
( ´-`) .。oO(防御側って、攻撃側に対して有利なキャラが自動で選ばれるのか!?)

はっきりいって敷居の高いゲームだね!特に都市の発展の仕方なんて外部知識だけでは限界があるし。試行錯誤が必要で、しばらくやってるうちにコツがつかめた次第。

例えば、最初の頃、商業都市で考えなしに小屋ばっかり建てて、食料が頭打ちになって人口確保できなくなったとか。だから食料もバランス良く配置して都市設計しないとイカンことに気づいた。


同じく軍事や内政などもやってくうちに慣れてきた。いわゆる個々の戦術がだんだん分かってきた。
このあたりからゲームが俄然面白くなってきたね。もっともここまで来るのに半月以上はかかったか?('A`)

とはいえいろんな細かいコツがまだあって、新たな発見がまだまだありますねー。


 第二の壁

さあ一通りやり方はわかった。が、ゲームレベルを貴族、皇子、国王と上げていくと、行き当たりばったりではだんだん勝てなくなってきた。なぜなら、この辺から取捨選択を強いられるから。
例えば、低いレベルならAも取ってBも取ってみたいな行為が出来るけど、ハンデ無しの貴族以上になってくると、金はないは敵の軍事力がやたらと強いわで余裕が無くなってくる。

だから、Aを得てBを捨てる取捨選択が必要になる。外交も、国家間の宗教対立で勝手に仲が悪くなっていく。どの陣営につくか決めて、友好国と仮想敵国を想定する。
八方美人外交は上手く立ち回らないと非常に難しい。てーか、ムリ?

つーか、ゲームシステム的に取捨選択を強いるように設計されてると思う。製作者の哲学が感じられて良いね。逆にこんな取捨選択ゲームなんて生理的にキライって人もいるだろね。そういう人は間違ってもこのゲームに手を出しちゃダメ。元が取れないから。


結局、この取捨選択をする鍵は、自分が目指す方向性と戦略であって、それに沿って決定してくのだろうなあ。
その場その場でテキトーに戦術を選んでくとそのうち詰みますねー。

例えば、今わたしは国王レベルで文化勝利を目指してやってて、そのゴールに沿って各戦略を考えるとこんな感じ。

( ´-`) .。oO(外交は戦争したくないんで近隣国とは特に仲良くしたい。遠い国はそれなりに)
( ´-`) .。oO(軍事はこっちから戦争しないから抑止効果メインでコストの安い弓系でいいや)
( ´-`) .。oO(内政は文化倍増遺産を死守。芸術家偉人も欲しい)

軍事を圧縮して内政を主とする取捨選択っスね。

当然ゲームが進んで行くうちにいろんなイレギュラーが発生して最初の思い通りすすまない。計画なんて都度修正する為にあるもんだ。計画に現実を合わせようとするとしっぺ返しをくらうって。この辺は仕事のプロジェクトと同じだなあ。

そして眼前の各ターンの戦術に注意を取られて全体的な戦略が疎かになり、さらに方向性がブレだす。特に外交は各国に振り回されて、舵取りが難しすぎるうう。

はて?この辺も日常の仕事と同じだなあ?日々忙しくて、当初の目的がだんだん霞んでいくうう。客先担当の思惑がコロコロ変わるうう。
んがー、今わたしが仕事で直面してることと似すぎヤー。

まさかゲームでこんな壁に当たるとは思ってもなかったよ!( _。д゜)
ハタシテボクハコノカベヲノリコエラレルノカ・・・


もっとも、強くなりさえすれば何をしても許されるゲームでもあるがね。この辺も現実的?
力こそパワー!強くなればチマチマ外交なんか考える必要なし!ジャイアン外交!
まあ、強くなれるのは終盤だけどね。ここまでくるとあとはプレイが作業になって、面倒になってくる。

んー、ここいらはこのゲームの弱点なのかなあ?


 結論

最初に戦術を覚え、次が戦略を覚える。上位に明確にシフトしていくゲームスタイル。戦術も大事だけど、戦術だけ重ねたって、戦略無き戦術じゃ勝てる保障ナッシング。ホント良く出来たゲームデザインだよこれは。まさにこのゲームはgenius worksだね。

IVもまだ全然マスターしてないけど、Ⅴが楽しみ。けど、米国で秋だから、日本語版はいつ発売になるのかな・・・

テーマ : PC Game - ジャンル : ゲーム

コメント

No title

シムシティ?

No title

正直どう返答したもんかちょっと考えちゃったよ!( ゚д゚)
洋ゲーシミュレーションはやらないんですかね?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。