FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京五輪落選、落ちてよかった

2016年五輪の開催地選定で、東京が落選したそうな。
それについて、わたしゃ落ちてよかったと思っております。

なぜか?それは河合隼雄と見田宗介の対談を読んだから。その本でいかに現代での祭りが困難かを語られております。その部分の引用を。


見田:(前略)祭りの前提になるような共同性がないのに、町おこしとか村おこしなどといって、役所なんかが一所懸命人工的にやる。本当は人びとの心はバラバラだったり、あるいは阻害されている人がいたりするのに、無理にやるから、逆にまたいろいろこじれた問題が出てきたりする。

河合:いまは擬似祭りばかりで、本来的祭りというのはすごく難しい。

見田:かきたてるほどシラケているような祭りがまたあるんですね。

河合:そしてそれをやった人だけが喜んでいる。しかしその人だってシステムの上にいるというだけで、喜んでいるのであって、本当に心の底から湧き上がってくるものではなく、本当の意味の祭りとして喜んでいない。(中略)

河合:最近、アメリカのナヴォホのシャーマンの人たちに会って、いろいろ儀式にも参加したりしたのですが、あれはそういう共同幻想があるから成立するわけです。ときどきあんなのを見て感激して真似る人がいるのですが、そんなものは全然意味がない。

「講座 心理療法〈8〉心理療法と現代社会」より


東京五輪開催に賛成してるのは約46%と調査結果が出てたはず。都民の意見が半分に分かれちゃってるのに、もし東京で開催になってたら幸福になれたんでしょうかね。地方ならまだ共同性が残ってるところもあるでしょうが、東京では共同性なんて殆どありません。
上の引用にもあるとおり、共同性の無いところに皆一致団結した祭りなんかしてもろくなことにならないでしょう。

わたしも過去に数回ネット上のゲームで「祭り」を開催してきました。やっぱり、のってくる人とのってこない人がくっきり分かれてましたね。
実は9月に開催の準備をしてるとき、ちょうどこの本を読んでて、ああそうだよなと納得してました。だから招待とか無理やり出てもらうような真似はやめました。
別件に参加してて出られないならともかく、そういうのをやりたくない人に無理やり出てもらう義理もないですし、無理やり出てもらったって、当人と周りの人たち両方に不幸ですしね。


古き良き日本の復活は結構なことです。ただし、ノスタルジーをそのまま引きずって、考えなしに無理やり復活させるのは危険です。河合隼雄氏は個々人で発生する「個人的な祭り」を提唱されております。





テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。